HOME >材木部 >製材・伐採

材木部

製材・伐採及び、建築・土木の木材製品等各種販売致しております

製材(賃挽き可能)

製 材

製 材製材とは山から切り出された丸太を製材機械を用いて挽材し、角材、板材、割材などを生産することを指します。
丸太は天然産物であるため節、腐れなどの欠点があり、製材にあたっては、なるべく品質の高い製品を多くとる技術が必要です。
製材には主に鋸、機械は、帯鋸機械と丸鋸機械が使用されます。
帯鋸機械はさらに、送材方法によって自動送材車式、手押し送材車式、テーブル式、自動ローラー式などに分類されます。
関谷材木店では、伐採から製材まで一貫して生産しています。

賃挽き

賃挽き賃挽き(製材)とは、丸太などの材料(木材)を、お客さんが持ち込んで頂き、製材機で依頼された寸法に製材し加工代をいただく仕事です。
丸太を板や角材に製材することが主ですが、ネジレや曲がりを修正したりすることもあります。
当社では持込材料でも製材可能です。

木取り

木取り「木取り」とは、1本の丸太から、いかに無駄なく価値ある製品を採材するか、あるいはどんな部材を丸太のどの場所から採材すれば最良かを決めることです。

丸太を「挽き材」する場合、最初に「のこ道」を丸太のどの部分にもってくるかが最も重要で、製品の良否は、この時点でほとんど決まってきます。それゆえに、この判断を行なうには長年の経験と勘を必要とされています。

伐採(間伐/枝おろしなど)

『間伐』・『枝おろし』ご相談ください。

伐採山林の『間伐』・『枝おろし』のみならず、お屋敷、庭木の立木、についてもお気軽にご相談ください。
先ずはお電話を頂き、現地調査の上、お見積もり致します。

賃挽き クレーンによる伐採 伐採
木取りによる切断 クレーンによる伐採 伐採